◆イベント詳細◆

セラフィムブループリントフェスティバルとは

セラフィムブループリントフェスティバルは2014年4月フロリダ州ネープルズで初めて開催されました。そしてフェスティバルは2023年までの間、3年ごとに開催される予定です。2回目は2017年5月にラスベガス。2020年の開催国はアメリカから遠く離れた日本での開催が決定しました!創始者のルース・レンドリーを始め、世界中のセラフィムブループリントの友人たちが日本の横浜に集まります。

セラフィムブループリント創始者ルース・レンドリー来日!

ルース・レンドリー

アトランティス時代、13人のセラフィムという最上位の天使の集団が創造したヒーリングシステムを想像した天使のうちの一人とともに「セラフィムブループリント」として現代へと蘇らせた。 アメリカ・ノースカロライナ在住。80年頃に日本に住んでいたこともあり、日本語を流ちょうに話すことができます。

世界的なティーチャー、アレックス・ブランドン来日!

アレックス・ブランドン

サンフランシスコ在住。日本、ドイツ、トルコなど世界中を飛び回り精力的にセラフィムブループリントのWSを開催している。セラフとチャネリングをし、新しいセラフィムブループリントのコース、ガーディアンズオブガイアや上級コースなどを次々と教えている。

日本でのフェスティバルのテーマ

フェスティバルのテーマは「医療」について

世界中のセラフィムブループリントの実践者には獣医や様々な医療従事者がいます。

今までセラフィムブループリントのヒーリング等を実践してきた中での経験など情報のシェアをします。

2020年度短編ストーリー・セラフィック賞

2020年11月15日に、第2回セラフィック賞はスピリチュアル短編ストーリー(創作)又はオプションで天使達の記述を伴ったノンフィクションの最優秀作を執筆した一般人メンバーに賞を授与します。セラフィム・アライアンスはその後2012年に最大15編の優秀作品ををまとめて1巻にして出版します。

◆イベント詳細◆

【開催日時】 2020年11月14日・15日 10時~17時(受付9時半より)
【開催場所】 TKPガーデンシティPREMIUM横浜ランドマークタワー(25階)
【参加条件】 セラフィムブループリント生徒・ティーチャー
【参加費】 30,000円

(3月15日から5月31日ご入金の方、早割22,000円)

※2日間のランチビュッフェ代が含まれます。

【定員】 90名
【講師】 ルース・レンドリー アレックス・ブランドン他
【通訳】 谷崎智美
【お申込み】 受付開始は3月15日
【お問合せ】 seraphimblueprintjapan@gmail.com(オオヒラ)

締め切りは2020年10月31日

※ご入金後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

Copyright(c) 2019 Seraphim Blueprint Japan Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system